禁断の首絞めセックスがすごい!

‣危険性だらけだが、一度味わってしまえば抜け出せない程の快感が得られる首絞めセックス。

首絞めセックス皆さんはどんなセックスが好きですか?数えきれない程、様々なセックスのプレイが有りますがその中でも禁断とされている首を絞め窒息状態を楽しむ首絞めセックスを皆さんご存知ですか?とても気持ちいいですがとても危険!そんな首絞めセックスをご紹介していきます。

今回ご紹介する首絞めセックスというのは、首を絞めたり布などを使って息をできないようにして、脳に酸素を行き渡らせないようにし、女性を仮死状態にするという、説明を聞いているだけでも苦しくなってきそうなアブノーマルセックスです。首を絞めることで脳に酸素が行き渡らなくなり、低酸素症になります。そこで半幻覚症状が引き起こされ、快感と間違って認識され、コカインを摂取した時と同じレベルの快感を得ることができると言われています。さらに興奮を高める効果もあると言いますから、気持ち良いセックスプレイの1つとされているのです。

しかし危険性もたくさんあります。まずは内出血を引き起こすと言う事。首を絞めたり息ができないように布などで口元や鼻を抑えたりしてしまうことで、毛細血管が破裂してしまい内出血を起こしてしまうと言われています。度合いによって変わりますが、多くの場合この症状が起こると言われています。

そして脳細胞も減ってしまします。首絞めセックスで行われるのは、多くの場合手で首を絞めると言ったプレイだと思います。ですがこれは頸動脈を止めることと同じです。頸動脈を止めすぎると脳への酸素供給量が低下し、その結果脳細胞が著しく減ってしまうとも言われていますので危険性が高いのです。

そして最後は依存症になってしまうと言う事。首絞めセックスは最初に言ったようにコカインを摂取した時と同じような状態になり、極めて強い快感を得ることができるから行うという人が多いです。つまり感覚としては薬物摂取をしているような状態ですので、依存症になってしまう可能性も考えられます。普通のセックスでは満足出来なくなってしまうんです。

このように首絞めセックスは、行為中は快感を存分に得られる反面、終わってから後遺症が残ってしまったり、最悪の場合気付いたら死に至ってしまったという事態にもなりかねない、非常に危険なプレイなのです。あまりオススメはできませんが、気になった方は加減をしながら一度試してみてはいかがでしょうか。